けんかするカップル

予期せぬ射精を防ぐ早漏防止スプレーとは

思わぬタイミングで射精してしまう早漏を防ぐ方法はいくつかあります。
早漏トレーニングといったものもありますが、トレーニングを始めてすぐに効果が出るわけではありません。
効果が出るまでに時間がかかる上に、煩わしさがあります。
早漏を防ぐ内服薬もあります。
これは鬱病の薬のようなものです。
脳内のセロトニンを薬によって増やし、刺激や興奮に対する脳の反応を抑えることによって、早漏を防ぐ原理です。
内服薬を飲むことのデメリットは副作用です。

頭痛やめまい、下痢などの症状を起こす恐れがあります。

トレーニングや内服薬の持つデメリットが無い方法がひとつあります。
それが早漏防止スプレーで、近年爆発的な人気を呼んでいます。
早漏防止スプレーは、陰茎に吹きかけるだけで陰茎の感度を鈍くします。
その事によって、爆発までの時間を長引かせるものです。
防止スプレーの成分はリドカインという局部麻酔剤の一種です。
安全性の高い麻酔剤であり、陰茎に吹きかけると陰茎の感覚を鈍らせます。
そのことにより、外部からの刺激に対して強くなるので、射精までの時間を長引かせることができるのです。
体の外部に吹きかけるものなので、副作用のリスクはありません。

ただ、使いすぎることによって、風呂に入ったりシャワーを浴びたりしたときにヒリヒリとした感覚を覚える場合があります。
どのくらいが適量であるかは個人差があるので、自分にとっての適量を把握する必要があります。

リドカインは苦みがあるので、パートナーの口に入ってしまう可能性がある場合は、塗布後10分ほどで洗い流しましょう。
10分で有効成分は浸透するので、洗い流してしまっても効果は変わりません。

防止スプレーは睾丸に塗るには適していません。
睾丸に付着しないように注意する必要があります。